SR一筆啓上

アクセスカウンタ

zoom RSS ポスト成果主義  ヒューマン センタード マネジメントの提唱(3)

<<   作成日時 : 2006/08/14 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ポスト成果主義  ヒューマン センタード マネジメントの提唱
3.人間尊重の経営

人を中心におくと会社というものが変わって見えませんか。人を資源としてみるのではなく、活きた存在として考えて見ましょう。もともと戦略を形成するのも人ですし、実現するのも人です。組織は人により構成されています。
所属する人間の力、能力により戦略も制約され、また実現の可能性も決まるのではないでしょうか。

より良い戦略をつくり、実現するためには、組織を形成する“人”の活力を上げて、
力を発揮させることが必要なのです。
戦略作成能力といっても、どこかにあるのではありません。組織の中にあるのです。

今現実に存在する組織の叡智により、戦略が立てられ、それを達成するために効率の良い組織を考え、役割や機能、求める人材像を明確にして、人材を育成・能力を開発していくことが必要なのです。

したがって、“人”の力を最大限に発揮する仕組みづくりが求められ、人事管理はそのために行われるといってよいでしょう。

人間本位管理を明確にするためにも、戦略の上位の概念である経営理念に「人間尊重の経営」ということを謳うと良いと思います。

人事労務管理は、この経営理念を実現するためのサブシステムということになるのです。
そして会社が社会の一員としての責任を果たすためにも、多くの関係者(ステークホルダー)の期待に応えるためにも、健全な会社であるために適正な収益を上げて会社を存続させる(ゴーイング コンサーン)、その一員としての社員の育成と能力、成果発揮を引き出す仕組みと運用が期待される役割なのではないでしょうか。


【本記事については私の思想に基づき記載したものです。真実性を保証するものではありません。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。ご利用に当たってはその点にご留意ください。】

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ポスト成果主義  ヒューマン センタード マネジメントの提唱(3) SR一筆啓上/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる